「妻を殺した」91歳の男、交通整理の警察官に自首[2018/11/06 10:31]

 さいたま市で91歳の男が「妻を殺した」と警察官に自首しました。自宅では81歳の妻が死亡していて、警察は殺人の疑いで男を逮捕しました。

 杵渕喜共容疑者はさいたま市大宮区の自宅アパートで、妻の澄子さんを殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、4日午後2時半ごろ、近くで自転車レースの交通整理をしていた警察官に「妻を殺した」と届け出ました。警察官が杵渕容疑者の自宅を確認したところ、仰向けに倒れて死亡している澄子さんを発見しました。澄子さんは3日夕方に親族に会っていたことが確認されていて、警察は3日夕方から4日までの間に首を絞めて殺害したとみて動機などを詳しく調べています。