50mに渡り土砂崩落 現場は雨水流す設備の工事中[2018/11/06 18:42]

 土砂が約50メートルにわたって崩落しました。

 6日午後2時すぎ、千葉県市原市大桶で道路脇の斜面が約50メートルにわたって崩れました。土砂は幅6メートルほどの道路をふさぎましたが、巻き込まれた人はいませんでした。当時、周辺では小雨が降っていたほか、斜面の上では雨水を流すための設備を設置する工事が行われていました。警察と消防が土砂崩れの原因について詳しく調べています。