元国会議員秘書の男ら逮捕 8年前の1億円強盗容疑で[2018/11/08 11:53]

 8年前に京都市の不動産会社社長の住宅から現金1億円が奪われた強盗事件で、元国会議員秘書の男らが逮捕されました。

 強盗致傷と住居侵入の疑いで逮捕されたのは現在、別の強盗致傷事件で服役中の上倉崇敬容疑者(44)と無職の西谷真弓容疑者(59)です。2人は2010年9月、京都市左京区の不動産会社社長の住宅に宅配業者を装って押し入り、社長の妻(当時52)にナイフを突き付けるなどしてけがをさせ、住宅にあった現金1億円を奪った疑いが持たれています。警察は2人の認否を明らかにしていません。警察によりますと、上倉容疑者は実行犯として犯行に及び、奪った金は高額な買い物に充てたとみられます。上倉容疑者は事件当時、自民党の二之湯智参院議員の公設秘書を務めていました。