【報ステ】“秋の嵐”広範囲で大荒れの天気に[2018/11/09 23:30]

 低気圧や前線の影響で9日は、西日本から北海道までの広い範囲で大荒れの天気となった。三重県紀北町では、11月の観測史上最大となる1時間に73.5ミリの雨が降った。北海道の新札幌駅の構内では、下り線側の信号機が倒れているのを列車を運転中の運転士が発見した。列車は信号機の前で立ち往生。乗客130人が1時間、車内に閉じ込められた。信号機の重さは200キロ以上あり、倒れた原因は調査中だが、当時、札幌市内では瞬間的に20メートル近い突風が吹いていた。北日本では、10日朝にかけて雨と風が強まる見込みで警戒が必要となる。