児童福祉司を2020人増員 目黒・5歳女児虐待死うけ[2018/12/18 18:46]

 子どもの虐待を防ぐため対策を強化します。

 今年3月、東京・目黒区で5歳の女の子が虐待されて死亡した事件を受け、政府は2022年度までに行う児童虐待の防止対策を決定しました。全国の市町村約1740カ所に虐待情報の収集などを行う「子ども家庭総合支援拠点」を設置するほか、児童相談所に児童福祉司を2020人程度、増員します。政府は虐待の発生時から子どもが自立するまで切れ目のない支援を行う体制づくりを目指すとしています。