水中漂うハートマーク 小笠原でミズクラゲ大量発生[2018/12/21 17:08]

 寒さが厳しくなってきているなか、季節外れの生き物の映像がテレ朝のニュース投稿アプリ「みんながカメラマン」に投稿されました。

 10日、小笠原諸島の父島で撮影された映像です。ミズクラゲが大量に発生し、枝サンゴが群生した浅瀬の海をふわふわと泳いでいます。12月の父島でミズクラゲが多く見られるのは珍しいとのことです。小笠原水産センターによりますと、今年は平年に比べて海水温が高かったため、この時期にもミズクラゲが大量発生したのではないかとのことです。投稿者は大量のクラゲに遭遇し、傘の部分にハートマークを見ることができ、癒しをもらうことができたということです。