治療中に目隠し…わいせつ行為の疑いで歯科医を逮捕[2019/01/07 18:44]

 患者の女性にわいせつ行為をした疑いで歯科医の男が逮捕されました。

 鶴見大学歯学部附属病院の医師・梅本寛之容疑者(29)は先月12日の夕方、20代の患者の女性に対して歯の治療中、わいせつ行為をした疑いが持たれています。警察によりますと、女性は当時、目隠しをされていて被害に遭った確信が持てませんでしたが、数日後に警察に相談して事件が発覚しました。取り調べに梅本容疑者は「間違いありません」と容疑を認めていて、「他の患者にも同様のことをした」と供述しているということです。