乗用車の原形なく…重機に追突、運転の男性が死亡[2019/01/08 18:42]

 大型特殊自動車に普通乗用車が追突し、乗用車を運転していた男性が死亡しました。

 警察と消防によりますと、8日午前6時半前、北九州市内の橋で普通乗用車が「ホイールローダ」と呼ばれる大型特殊自動車に追突しました。約30分後、駆け付けた医師が乗用車を運転していた北九州市若松区の会社員・内野豪之さん(24)の死亡を確認しました。現場は片側2車線の直線道路で、近くの道路約2キロが事故発生から約5時間にわたって通行止めとなりました。