【報ステ】地面師事件 主犯格の男が強制送還で逮捕[2019/01/11 23:30]

 積水ハウスが63億円をだまし取られた事件で、逃亡先のフィリピンで拘束された主犯格のカミンスカスと名前を変えた小山操容疑者(59)が、日本に帰国し逮捕された。事件に使われた口座には40億円もの金が振り込まれ、複数回にわたって引き出されていた。カミンスカス容疑者は7億円を手にしたという証言がある。捜査は難航していて、捜査関係者は「『金は下ろして運んだが何の金かわからなかった』となると起訴できないケースが多い」と話す。これまでに17人が逮捕されたが、現金の引き出し役を中心に7人が処分保留で釈放されている。カミンスカス容疑者の帰国で別の事件の捜査などが進む可能性がある。ある男性は、4〜5年前に、土地を担保に金を借りたことをきっかけに地面師グループに土地をだまし取られた。この時に現れたのがカミンスカス容疑者だったという。男性は今後、警視庁に刑事告訴することにしている。