雪崩巻き込まれて外国人客の男性死亡 新潟・妙高市[2019/01/25 23:28]

 新潟県妙高市の大毛無山の山中で外国人のスキー客3人が雪崩に巻き込まれ、そのうち1人が死亡しました。

 警察などによりますと、25日午後2時ごろ、妙高市の大毛無山の南側の斜面でフランスからのスキー客3人が雪崩に巻き込まれました。そのうちの1人が近くのスキー場の事務所に通報したため、スキー場のパトロールが捜索に向かったところ、1人が心肺停止の状態で発見されました。その後、警察のヘリコプターに収容されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。死亡したのは49歳の男性で、救出された2人は「バックカントリーと分かって滑っていた」と話しているということです。