巨大な五輪マーク 台場周辺など都内7カ所に設置へ[2019/01/25 23:33]

 オリンピックのシンボルマークが東京の台場周辺と高尾山などに設置されることになりました。

 東京都は来年のオリンピック・パラリンピックに向けて、巨大なオリンピックのマークを台場周辺と八王子市の高尾山など都内7カ所に設置する方針を明らかにしました。台場周辺は東京大会から採用となったスケートボードなどの会場があり、聖火台も設置されます。高尾山は外国人観光客が多いことなどから選ばれました。大きさは台場周辺では幅が20メートルから30メートルの巨大なもので、高尾山などは数メートルのものになるということです。