自宅で死亡の10歳女児「お母さんがいない時に…」[2019/01/29 05:55]

 千葉県で10歳の女の子が自宅で死亡して父親が逮捕された事件で、おととし、児童相談所に一時保護された女の子が「お母さんがいない時にたたかれる」などと訴えていたことが分かりました。

 千葉県野田市の小学4年・栗原心愛さんは24日、自宅の浴室で死亡しているのが見つかりました。警察は父親の勇一郎容疑者(41)を傷害の疑いで逮捕しました。28日に会見した児童相談所はおととし11月に一時保護した際、心愛さんが父親について「怒ると怖い」「お母さんがいない時にたたかれる」などと話していたことを明らかにしました。その後、心愛さんは勇一郎容疑者のもとに戻りましたが、児童相談所は一度も家庭訪問をしていませんでした。