殺人・窃盗は戦後最少も… 児童虐待は過去最多に[2019/02/07 11:47]

 去年、警察が認知した刑法犯の数が戦後最少を更新したことが分かりました。しかし、児童虐待の検挙件数などは過去最多となっています。

 警察庁によりますと、去年、全国の警察が認知した殺人や窃盗などの刑法犯は81万7000件余りで前の年から約10万件減少し、戦後最少を更新しました。一方で、児童虐待による傷害罪などでの検挙件数は前の年より200件以上、増えて過去最多となる1355件に上っています。また、警察が虐待の恐れがあるとして児童相談所に通告した18歳未満は8万人を超え、過去5年間で2.8倍に増えて過去最多となっています。