頭げんこつ尻足蹴… 唯一の救いは教師の“英断”[2019/02/07 18:00]

 9歳の男の子に暴行したとして男が逮捕された。逮捕されたのは男の子の母親の内縁の夫だった。

 福岡県内のアパート。7日未明に住人の男が逮捕された。無職で27歳の笹本駿介容疑者。内縁の妻と4人の子どもがいる。その一人が6日に学校でこう訴えたという。
 9歳の男児(教師への相談):「お父さんにたたかれた」
 笹本容疑者が暴力を振るったとされるのは内縁の妻の子どもだった。5日午後3時半ごろ、4人きょうだいの一番上にあたる男児を正座させたうえで、頭をげんこつで殴ったり尻を足で蹴ったとされる。
 唯一の救いはこの後の対応。事件の翌日に男児は給食の後、教師に相談。あざなどがあったため、すぐに教育委員会に連絡して児童相談所と警察にも伝わった。わずか3日でのスピード逮捕。
 専門家によれば、その秘訣は教師の英断だという。ちなみに被害を受けた男児は内縁の妻の子。他の3人は笹本容疑者の子どもだった。笹本容疑者は容疑を認めている。