“サリン”を想定 東京・東久留米市役所でテロ訓練[2019/02/19 19:17]

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてテロへの迅速な初動対応が重要だとして、東京・東久留米市役所を舞台にした大規模なテロ訓練が行われました。

 訓練は東久留米市役所でサリンがまかれ、住民など複数人が動けなくなるなどした想定で行われました。約200人が参加した訓練では、防護服を着た消防隊員が動けなくなった人たちを搬送した後、警視庁のNBCテロ捜査隊の隊員がサリンを撤去し、除染するまでの流れを確認しました。2020年に向けてそれぞれの行政機関が密に連携してテロへの迅速な初動対応が重要だとして、警視庁などでは今後もテロに備えた訓練をしていくとしています。