皇太子ご夫妻 医療・教育への功績に惜しみない拍手[2019/03/14 09:44]

 皇太子ご夫妻が都内のホテルで医療や教育などの分野で功績があった人を表彰する授賞式に出席し、審査員ら関係者と夕食をともにされました。

 皇太子さま:「社会的に弱い立場に置かれている人々に心を寄せ、人々のために奉仕するということはとても大切で意義あるものと思います」
 「ヘルシー・ソサエティ賞」は日本看護協会などが主催し、毎年開催されています。15回目となる今回はフィリピンの貧困層の出産支援などをボランティアで続ける助産師の冨田江里子さんら5人が受賞し、皇太子ご夫妻が拍手を送られました。授賞式が終わると、皇太子ご夫妻は壇上を降りてテーブルに着き、審査員や日本赤十字社の副社長らと夕食をともにされました。会には約650人が出席し、皇太子ご夫妻は和やかな雰囲気のなか、約1時間ほど会話を楽しまれました。