長女の手足縛り水風呂に放置か…内縁夫婦が虐待撮影[2019/03/14 11:48]

 福岡県筑紫野市で8歳の長女を水風呂に無理やり入れて虐待したとして、殺人未遂の疑いで内縁の夫婦が再逮捕されました。夫婦は虐待の様子を撮影していました。

 警察によりますと、殺人未遂の疑いで再逮捕された29歳の母親と内縁の夫の八尋潤容疑者(29)は去年12月、筑紫野市の自宅アパートで8歳の長女の手足を縛り、浴槽いっぱいに水を張った風呂に無理やり入れて放置し、殺そうとした疑いが持たれています。夫婦はそれらの虐待の様子を撮影していました。警察の調べに対し、2人とも容疑を認めています。警察は、夫婦が日常的に長女を水風呂に入れる虐待を行っていたとみて調べを進めています。