「令和」発表で「平成」地区は…“ありがとう!”[2019/04/01 17:11]

 「令和」と書かれた号外に多くの人が殺到するなど、日本列島は新元号フィーバーとなりました。岐阜県関市には平成と書いて「へなり」という地区があります。この地名で話題になった道の駅「平成」から報告です。

 (藤富空記者報告)
 関市の道の駅「平成」では、平成の元号のおかげでこの地域が有名になったとして感謝の気持ちを込めて色んなイベントが行われています。1日はパブリックビューイングが行われましたが、用意された70席を上回る120人が集まりました。新しい元号が発表されると会場は拍手で湧き、新しい時代に期待を寄せる声がありました。この道の駅で特に人気なのは平成グッズコーナーです。このコーナーの一角にパブリックビューイングから約1時間後に新しい元号の令和の文字が印刷されたポストカードが並びましたが、すでに売り切れてしまいました。今年に入り、この道の駅に訪れた人の数は去年の同じ時期に比べて4割も増えたということです。担当者は、この盛り上がりは改元を迎える5月1日までは続くのではないかと話していました。

こんな記事も読まれています