登山シーズン控え 神奈川・丹沢山に臨時警備派出所[2019/04/12 23:36]

 本格的な登山シーズンに入り、神奈川県秦野市の丹沢山の登山口に遭難救助活動に備えた臨時の警備派出所が開設されました。

 首都圏に近い丹沢山は登山客が多く訪れます。警察によりますと、登山客が増える3月から8月の遭難発生件数が去年は年間の7割以上を占めました。地元の警察は12日、遭難事故の際に迅速な救助活動を行うため、登山口近くに臨時の警備派出所を開設しました。この派出所は12月上旬まで設置されるということです。警察は十分な装備と計画を立てたうえで気象情報を確認し、事故のないようにしてほしいと呼び掛けています。