区役所窓口で借金断られた男 納得せず火をつける[2019/04/15 18:56]

 「金を貸してくれ」と要求して断られると、持っていた袋に火を付けました。

 15日正午すぎ、神戸市の北区役所で生活支援課の窓口を訪れた89歳の男が女性職員に「金を貸してくれ」と要求しました。職員が「対応できない」と断ると、男は納得せず、紙の入ったポリ袋に火を付けて制止を聞かずに振り回し始めたため、職員らが取り押さえました。けが人はいませんでした。警察は公務執行妨害の疑いで調べていますが、男は黙秘しているということです。