「どこに連絡していいか…」2月から夫の遺体放置か[2019/06/08 17:27]

 夫が死亡して「どこに連絡していいか分からなかった」と話しています。

 東京・江戸川区の内藤康子容疑者(53)は今年2月ごろ、住んでいた団地で夫の忠吉さん(72)が死亡したにもかかわらず、遺体を放置して遺棄した疑いが持たれています。警視庁によりますと、団地の管理人が内藤容疑者の部屋から異臭がしたため中に入ったところ、和室の布団の中で死亡している忠吉さんを発見しました。忠吉さんに目立った外傷はありませんでした。取り調べに対し、内藤容疑者は「夫は2月ごろ死んだ」などと容疑を認めているということです。