警察署保管の現金盗んだ疑い 会計課係長「競馬に」[2019/06/12 18:53]

 警察署の会計課係長が現金104万円を盗んだ疑いで逮捕されました。

 警視庁府中警察署の会計課係長・小針誠一容疑者(49)は2月ごろから4月ごろまでの間、警察署で保管していた落とし物などの現金約104万円を盗んだ疑いが持たれています。警視庁によりますと、現金は2週間、警察署で保管し、持ち主が現れなかった場合は遺失物センターに振り込むことになっていて、その作業の遅れなどを上司から指摘された際に「現金を抜いた」と話したということです。小針容疑者は取り調べに対して「金は競馬に使った」と容疑を認めています。