東京五輪から正式種目 スポーツクライミング大会[2019/07/07 15:34]

 オリンピックまであと1年、神奈川県秦野市では、東京オリンピックから正式種目となるスポーツクライミングの大会が行われています。

 秦野市戸川の県立山岳スポーツセンターには小中学生のクライマー57人が集まり、高さ15メートルのクライミングウォールを使ってクライミングの技術を争います。今回行われている競技は、リードとハーネスを使い6分間でどこまで登れるかを競う「リード種目」。雨と風によりコンディションは良くありませんでしたが、選手たちがウォールを登っていく姿に観客たちは「がんば!がんば!」と声援を送っていました。