物置に赤ちゃんの遺体 「自分が生んだ」男女を逮捕[2019/07/10 12:00]

 金沢市で住宅の物置に赤ちゃんの遺体を放置したとして、この家に住む46歳の男と知人の32歳の女が逮捕されました。

 金沢市の大工・角斉容疑者と知人で石川県野々市市の無職・福井理恵容疑者は、角容疑者の自宅の物置に赤ちゃんの遺体を放置した疑いが持たれています。角容疑者から「死体を預かっている」と相談を受けた知人男性が警察に通報し、捜査員が物置から半透明の袋に入った赤ちゃんの遺体を発見しました。遺体は腐敗が進んでいて、性別は分かっていません。角容疑者は「やってはいけないことをしました。反省しかありません」、福井容疑者は「自分が産んだ赤ちゃんの遺体を放置した」と容疑を認めています。