東京は記録的日照不足 史上初19日連続で3時間未満[2019/07/16 12:29]

 東京は記録的な日照不足になっていて、統計史上初めて日照時間が19日連続で3時間未満になっています。

 梅雨前線や湿った空気の影響で、関東は日差しが極端に少ない状態が続いています。東京の7月前半の日照時間はわずか5.6時間で平年の1割に満たない状況です。また、東京は今月15日まで日照時間が19日連続で3時間未満になっていて、これは1961年の統計開始以来、初めてのことです。関東は16日も断続的に雨が降り、日差しがほとんど期待できない予想です。日差しの少ない状態は少なくとも今週末まで続く見込みで、体調管理や農作物の管理に注意が必要です。