東急東横店が来年3月閉店 地下食品売り場は存続[2019/07/23 07:33]

 東急百貨店は、東京・渋谷の中心部にある「東横店」を来年3月に閉店すると発表しました。

 東急百貨店東横店は渋谷駅と直結する店舗で、1934年に開業しました。東急百貨店によりますと、東横店は渋谷駅の再開発事業に伴い、地下1階の食品売り場を除いて来年3月31日に営業を終了するということです。東横店は2013年に東館を閉館し、この跡地には今年11月に大型複合施設「渋谷スクランブルスクエア」が完成します。来年3月に西館と南館が営業を終了した後は建物が取り壊され、渋谷スクランブルスクエアが新たな建物を拡大させます。

こんな記事も読まれています