五輪向け 羽田増便に伴う新ルート「来年3月には」[2019/07/30 23:29]

 1年後に控えた東京オリンピックに向けて羽田空港の発着枠を増やすために計画されている新たな飛行ルートについて、国土交通省は来年3月から運航を開始したいとの考えを示しました。

 東京都庁で開かれた羽田空港に関する連絡会には国交省や東京23区の担当者などが集まり、来年7月に開幕する東京オリンピックに向けて羽田空港の発着枠の増便に伴う新ルートの運航について話し合われました。そのなかで、国交省は来年3月29日から始まる航空各社の夏ダイヤに合わせて新ルートの運航を開始したいとの考えを示しました。国交省は、東京都心を通過する新しい飛行ルートを設けると羽田空港の国際線の発着回数を現在の約1.7倍に拡大できると試算しています。一方、新ルートを巡っては東京・渋谷区や東京・品川区などの都心上空を低い高度で通ることから、騒音や落下物による危険性などの議論が続けられています。