渓谷で孤立の18人全員の無事を確認 救助活動始まる[2019/08/15 09:34]

 台風による雨の影響で、大分県玖珠町の渓谷でバーベキューをしていた子どもを含む18人が14日から孤立状態となっていましたが、15日午前に全員が発見されて無事が確認されました。

 無事が確認されたのは5カ月の赤ちゃんを含む大人7人、子ども11人の合わせて18人です。警察などによりますと、一行は14日に玖珠町にある大谷渓谷の近くでバーベキューをしていたところ、近くの奈女川が急激に増水したため動けなくなったとみられています。雨などの影響で救助活動は一時、中断されていましたが、15日午前7時すぎに再開されて救助隊が現場に到着して全員の無事を確認、現在も救助活動が続いています。