築地市場が「市場」としての廃止決定 東京都 [2019/09/02 23:31]

 東京都は築地市場について、「市場」として廃止する決定をしました。これにより、跡地に商業施設などが建てられるようになります。

 東京都中央卸売市場の築地市場は去年10月、豊洲に移転しました。市場の機能は豊洲に移りましたが、東京都市計画においては築地市場が中央卸売市場のままになっていました。そのため、2日の審議会で築地市場の廃止を決定しました。これにより、1935年から去年まで83年にわたって「東京の食」を支えてきた築地市場の跡地には今後、市場関連以外の商業施設や住宅などが建てられるようになります。来年の東京オリンピック・パラリンピックでは、大会関係者の車両を止める駐車場として活用する予定で、その後については「築地の食文化」などを生かした土地利用が想定されています。