台風被害 河野大臣 ブルーシート設置支援も強化[2019/09/16 01:00]

 河野防衛大臣は台風15号の被害を受けた千葉県で自衛隊の支援作業を視察し、被災した住宅の屋根にブルーシートを設置する作業についても支援を強化していく考えを示しました。

 河野防衛大臣:「ブルーシートの設置がなかなか高齢者世帯で難しいという話もありましたので、要請のあるところは自衛隊がどんどん出て行ってブルーシートの設置をしっかりやろうということで」
 河野大臣は、陸上自衛隊の第一空挺団が千葉県で台風15号の影響で倒れた木を伐採する現場などを視察しました。電柱などが折れて停電が長引いているため、河野大臣は給水や入浴支援などについてもツイッターなどで情報を発信しています。また、東京電力に自衛隊の情報連絡員を置き、倒木処理作業に迅速に対応する方針を明らかにしました。

こんな記事も読まれています