反射材で交通事故防止…テレ朝・住田アナが呼びかけ[2019/09/16 15:16]

 秋の全国交通安全運動が21日から始まるのを前に東京・日本橋で交通安全を呼び掛けるイベントが開かれ、夕暮れ時や夜間の事故を防ごうと買い物客らに反射材が配られました。

 東京都内では今年に入って今月15日までに82人が交通事故で死亡していて、夕暮れ時や夜間に自転車や歩行者が巻き込まれるケースが多いということです。日本橋の高島屋で開かれた交通安全イベントでは、暗くなってもドライバーから気付かれやすくするために腕や足に巻き付ける反射材が買い物客らに配られました。イベントには警視庁中央警察署の一日署長としてテレビ朝日の住田紗里アナウンサーが参加し、地元の交通少年団とともに交通事故への注意を呼び掛けました。

こんな記事も読まれています