世田谷区、八王子市など8つの自治体に避難指示[2019/10/12 20:02]

 台風19号の影響で東京都では12日午後7時半時点で世田谷区の約2万5200世帯など、8つの自治体に避難指示が出されています。

 午後7時半時点で避難指示が出されているのは、世田谷区の約2万5200世帯、日野市の約1万1700世帯、あきる野市の山田大橋下流付近、八王子市の約8万2000世帯、福生市の約3500世帯、大島町の126世帯、青梅市の土砂災害区域、昭島市の一部です。避難勧告は27の自治体に出されています。足立区と渋谷区の全域、北区、江戸川区、大田区、葛飾区、港区、江東区、目黒区、町田市、多摩市、調布市、小金井市、武蔵村山市、狛江市、昭島市、府中市、国分寺市、稲城市、日の出町、神津島村、利島村、三宅村、奥多摩町、檜原村、清瀬市、瑞穂町の一部区域です。都の防災ホームページや自治体のホームページなどで確認できます。避難所は各自治体で700カ所以上、開設されていて、都も一部の都立施設を開放しているということです。