道路が陥没 自衛隊足止め 断水続く福島・相馬市[2019/10/15 12:05]

 22人が死亡した福島県では断水が続いている相馬市などへ続く道路が陥没し、災害派遣の自衛隊車両などが進めなくなっています。

 福島県南相馬市の県道12号で15日朝、道路の一部が陥没しているのが見つかり、飯舘村から南相馬市の区間の約5キロが通行止めになりました。陥没した場所の近くでは渋滞が発生し、災害派遣のために相馬市に向かっていた自衛隊などが先に進めなくなっています。
 ドライバー:「飯舘村の現場に行く途中だったけど、通れなくなったので、今、待機してます」
 相馬市では市内を流れる宇多川が氾濫し、水が住宅に流れ込むなど被害が大きく、今も全域で断水が続いています。