断水で医療機関が休診 茨城・大子町に臨時の診療所[2019/10/16 12:06]

 茨城県大子町では台風19号による浸水で断水したため、半数の医療機関で診療ができなくなり、町が臨時の診療所を設けました。

 患者:「(病院が)皆、水害に遭っちゃって…。薬がなくなっちゃうんで、もらいに来たんです。困りますね…」
 大子町ではいまだ3000戸以上で断水が続いています。この影響で町の病院など6カ所のうち3カ所で診療ができなくなっていて、保健所を臨時の診療所にして対応しています。町では久慈川の氾濫で浄水場2カ所が冠水したため、水道が復旧するめどは立っていません。