冠水続く千葉・佐倉市 ポンプ車で夜通し排水作業[2019/10/26 18:22]

 25日の記録的な大雨の影響で大きな被害が出ています。ポンプ車による排水作業が行われている千葉県佐倉市の大規模冠水の現場から報告です。

 (矢島悠子アナウンサー報告)
 佐倉市田町では26日も冠水の状態が続いています。車の中から1人がボートで救助されました。そして、国土交通省の排水ポンプ車が駆け付けて作業を続けています。たくさんの太いホースを使って鹿島川の下流へと水を流す作業が一日中、続けられていました。しかし、下流の印旛沼の水位が上がってしまったため、排水作業はいったんストップしているような状況です。再び水位が下がれば作業を再開するということでした。この作業は夜通し行われるということです。
 26日、佐倉市内では渋滞が続いています。今も少し車が止まっていますが、かなり車が流れたという印象です。しかし、渋滞が続いている場所があり、小さな道ではまだ冠水も続いているため、大変な状況が続いています。住民の皆さんにとって、まだ不安な夜が続きそうです。

こんな記事も読まれています