台風で浸水した北陸新幹線の8編成96両を廃車[2019/11/06 14:54]

 JR東日本は台風19号で浸水した北陸新幹線の8編成を廃車にすると発表しました。今後、車両を点検して一部の部品を再利用したいとしています。

 北陸新幹線は台風19号で長野県にある車両基地が冠水し、新幹線車両の8編成が浸水しました。JR東日本はこれまで車両の検査をしてきましたが、浸水した8編成、96車両を廃車にすると発表しました。減価償却費を差し引いた被害額は120億円に上るとみられています。これを受け、上越新幹線の一部車両を北陸新幹線に転用したり新幹線を作り直すなどして、今年度内には東京−金沢間を従来の本数で運行を再開させたいとしています。