「就活ハラスメントなくして」大学生が厚労省に要望[2019/11/13 07:24]

 大学生たちが厚生労働省に対して就職活動中のハラスメント撲滅を求めました。

 町田彩夏さん:「(面接で)ハキハキしゃべるのが気に入らない、スカートが短い、化粧が濃い、女を売りにしていると言われた」
 就職活動中の学生をハラスメントから守ろうと、エッセイストの小島慶子さんや賛同する企業の経営者らは5月に「就活ハラスメントをなくしてください」というプロジェクトを立ち上げました。町田さんら現役の学生たちは12日、プロジェクトのメンバーとともに厚労省を訪れ、要望書を提出しました。就職活動中の学生へのハラスメントの実態調査を行うことや来年6月以降に施行されるパワハラ防止関連法の指針に学生へのハラスメントを防止する内容を記載することなどを求めました。

こんな記事も読まれています