ミニ四駆×SNS オトナが燃える!商機も生まれる![2019/11/25 08:23]

 昼下がりの大人の社交場でうなりを上げるモーター音。ミニ四駆とSNSでビジネスチャンスが生まれる企業対抗戦が再び実現しました。

 先週、東京・銀座にある居酒屋を舞台に行われたのは企業・店舗対抗の「ミニ四駆大会」で、今年3月に続いて2回目です。
 部品加工会社広報担当者:「普段、全く関わらない業種の方たちなので、良い刺激になります」
 ミニ四駆好きタレント・かえひろみ:「ツイッターが異常に盛り上がっているのがすごく気になっていて(参加した)」
 画材店広報担当者:「今回は完走します。自信はあります」
 大会に参加する多くの人は、企業や店舗の「公式ツイッター」を手掛ける人たちです。皆さん、レースの合間はスマホに夢中ですが、これはツイッターでレースの様子を随時、発信して自社のPRも行おうという狙いです。
 レースを主催した「つぼ八」・福島充彦さん:「参加した企業の(ツイッターの)フォロワーが皆、順調に増えた。ツイッターにとどまらず、“パブリックリレーションズ(PR活動)”を作っていければ」
 今回、優勝したのは金沢市から参加した温泉旅館「滝亭」のツイッター担当者です。
 「滝亭」公式ツイッター担当者:「驚きと喜びが『滝』のように流れています。(ミニ四駆関連のツイートを)フォローして頂いている方、ご覧の方々もリプ(返信)してくれたり楽しんで頂けているかな…と」
 大会後に参加企業同士で新商品の開発をしたり広報担当者同士が情報交換を続けるケースもあるといい、ミニ四駆とSNSがきっかけでビジネスチャンスが生まれるユニークな「異業種交流」の場になりつつあるようです。

こんな記事も読まれています