濃い霧が朝の関東覆う 空の便など交通に影響[2019/11/25 12:15]

 関東地方では25日未明から広い範囲で濃い霧が発生し、空の便などに影響が出ました。

 濃い霧は南から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響によるもので、横浜と埼玉県の熊谷で見通せる距離が一時、100メートルにまで低下しました。この影響で成田空港や羽田空港では13便が別の空港に到着を変更し、着陸のやり直しも相次ぎました。また、鉄道ではJR宇都宮線で一時、最大40分の遅れが出ました。現在も関東では沿岸部を中心に濃霧注意報が出されています。