若い男性の4人に1人が“ゲームを1日3時間以上する”[2019/11/27 20:31]

 若い男性の約4人に1人が3時間以上ゲームをしていることが分かりました。

 国立病院機構久里浜医療センターは10歳から29歳の若者にゲームへの依存状況に関するアンケートを行い、回答があった約5100人の結果を発表しました。それによりますと、一日に3時間以上ゲームをする若者は、男性は24.6%で、女性は10.4%でした。また、6時間以上ゲームをした人のうち24.8%が「ゲームのために学業に悪影響が出たり、仕事を危うくしたり失ったりしてもゲームを続けましたか」という質問に「はい」と答えました。

こんな記事も読まれています