「5年で400万円やった」カメラ転売し借金返済か[2019/11/28 19:07]

 男は「5年間で400万円ほどやった」と話しています。

 東京・葛飾区の区立中学校の事務職員・上田純也容疑者(48)は去年夏ごろ、偽造した契約書を使って葛飾区から業者の口座に現金約24万円を振り込ませた疑いが持たれています。警視庁によりますと、上田容疑者は中学校の会計の責任者で、消耗備品を買ったかのように偽って実際にはデジタルカメラ8台を業者から購入していたということです。上田容疑者は「デジタルカメラは転売し、借金の返済に充てた」「5年間で400万円ほどやった」と容疑を認めています。