文科大臣「ミスゼロは難しい」 記述式問題の採点[2019/12/06 11:59]

 来年度から始まる大学共通テストに導入される予定の国語と数学の記述式問題について萩生田文部科学大臣は6日、現状では「採点ミスをゼロにすることは難しい」との見方を示しました。

 萩生田文科大臣:「採点ミスがゼロで実施できるかと言われれば、非常に難しい判断だと思います」
 大学共通テストの国語と数学の試験には一部で記述式の問題が出題される予定ですが、公平な採点や自己採点の難しさから、与党内からも導入の延期を求める声が上がっています。萩生田大臣は会見で、現状では採点ミスをなくすことは難しいとしたうえで、わずかな採点ミスがあっても試験の合否に影響が出にくい方法を検討しているとしています。文部科学省は導入を延期するかどうか年内に結論を出す方針です。