雪が積もる前に…長野市に全国から支援の軽トラック[2019/12/08 17:06]

 10月に台風19号で千曲川が氾濫した長野市では、雪が積もる前に復旧を進めたいとしていますが、廃棄物を運ぶ軽トラックの不足が課題になっています。

 長野市の農業ボランティアの受け付けセンターには全国各地からボランティアと軽トラック約30台が駆け付けました。
 ボランティア:「たくさんの人が参加して、少しずつでも復興に向かえばいい」
 ボランティアの人たちは被害を受けたリンゴや枝などを軽トラックで運び出す作業に追われていました。寒さが厳しくなるにつれ、ボランティアの数は減少しています。地元では「廃棄物の運搬に必要な軽トラックのボランティアに特に来てほしい」と話しています。

こんな記事も読まれています