COP25閉幕 小泉大臣「期待高いから批判される」[2019/12/16 07:11]

 COP25の閉幕にあたって小泉環境大臣が報道陣の取材に応じ、石炭火力発電を巡って各国から批判を集めたことについて「期待が高いからこそ批判される」などと主張しました。

 小泉環境大臣:「日本に対する期待は元々、高いですよ。元々、高いから批判されるんです。元々、期待されてなかったら批判はありません」
 小泉大臣は二酸化炭素の排出が多い石炭火力発電を巡って具体策を示せず、各国から批判を集めていました。
 小泉環境大臣:「冒頭は石炭祭りでしたね。そして、後半の交渉においてはものすごく日本のプレゼンスが高まった」
 小泉大臣はこのように述べたうえで、交渉成立に向けて各国と30回以上にわたって協議を重ねるなどして貢献し、日本の存在感を高めることができたと成果を強調しました。

こんな記事も読まれています