桜を見る会巡り 憲法学者らが安倍総理を刑事告発[2020/01/14 23:32]

 「桜を見る会」を巡り、憲法学者らが安倍総理大臣を背任の罪で東京地検に刑事告発しました。

 安倍総理を告発したのは、神戸学院大学の上脇博之教授など憲法学者13人です。告発状によりますと、安倍総理は2015年から去年までの桜を見る会において、開催要領に基づいて実施すべきところを大幅に人数を超え、飲食代金も予算額を超えた金額になったことで国に財産上の損害を与えた背任の罪にあたるとしています。告発状を提出した後の会見で、上脇教授は「自分の利益や政治団体のための利益を図ったとすると、このまま見過ごすわけにはいかない」と話しました。