東京・立川市で不審火相次ぐ 同一人物が放火か[2020/01/14 23:36]

 東京・立川市で13日までに4件の不審火が相次ぎました。警視庁は、同一人物が放火した可能性があるとみて捜査しています。

 警視庁によりますと、12日午後7時半ごろ、立川市柴崎町の住宅の庭で鳥をよけるためのネットとそれを支える柱や給湯器の配管が焼けました。住民がすぐに火を消し止め、けが人はいませんでした。近くには焦げた布があり、何者かが布に火を付けて敷地に投げ込んだとみられています。13日の夕方までには、半径100メートルの範囲で給湯器の配管が焼けるなど3件の不審火が相次ぎました。いずれも近くには焦げた布が落ちていて、警視庁は同一人物が放火した可能性があるとみて捜査しています。