「船内環境が悪化」 全額返金の情報で乗客に笑顔も[2020/02/10 11:52]

 クルーズ船が横浜港に入ってから10日で1週間です。これまでに乗客乗員の合わせて70人の感染が確認されています。船内では環境改善を訴える声が高まっています。

 (伊従啓記者報告)
 10日、船の乗客ら有志によってネットワークが立ち上げられ、その訴えがマスメディアに届けられました。そのなかで「日を追って船内環境が悪化している。シーツ交換や室内清掃が1週間近くなされていない」と生活の苦しさを訴えています。また、目に見える形で乗客からのメッセージが届けられています。朝、客室のベランダに新たに「薬」と書かれた旗が掲げられました。まだ一部の乗客には必要な薬が届いていないようです。その一方、9日に社長名義で配られた紙で、今回のクルーズ代を全額返金するとともにクルーズもう1回分がプレゼントされることが伝えられました。これについて乗客の一人と話をすることができましたが、「船内の雰囲気が明るくなった。乗客に笑顔が見られるようになった」と語っていました。厳しい船内生活が続きますが、全額返金の発表が少なからずのストレス軽減になっているようです。

こんな記事も読まれています