10代感染は国内で初 クルーズ船で新たに39人感染[2020/02/12 12:48]

 12日もクルーズ船から新たに39人の感染が判明しました。さらに、船内で活動していた検疫官1人の感染も確認されています。クルーズ船が着岸している横浜港から報告です。

 (松下広司記者報告)
 患者を乗せたと思われる救急車が12日、これまでに2台出ています。横浜港に着岸したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で、新たに乗客乗員39人が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。厚生労働省によりますと、クルーズ船の乗客乗員53人を新たに検査したところ、乗客29人と乗員10人が陽性と判定されました。1人は10代の女性だということです。国内で10代の感染者が確認されたのは初めてです。このほか、厚労省の検疫官の男性1人についても感染が確認されました。この検疫官は3日夜から4日夜にかけ、船内で乗船客の体温測定や質問票の回収作業にあたっていました。マスクや手袋を着けていたものの、防護服は着ていなかったということです。クルーズ船で感染が確認された乗客乗員はこれで174人となりました。このうち60代から70代の男性4人が重症です。11日までの陽性患者の搬送先は1都8県に拡大していて、この後も搬送が続きます。

こんな記事も読まれています