秋元被告が会見へ IR汚職の“起訴内容否認”主張か[2020/02/14 12:16]

 IR(統合型リゾート)事業を巡る汚職事件で起訴されて保釈された衆議院議員の秋元司被告(48)が14日夕方、会見することを明らかにしました。

 IR担当の副大臣だった秋元被告は保釈保証金3000万円を納め、12日に東京拘置所から保釈されました。秋元被告はIR事業への参入を目指していた中国企業側から総額で約760万円相当の賄賂を受け取った罪で起訴されています。秋元被告は弁護人を通じて14日夕方、東京・永田町の議員会館で会見することを明らかにしました。関係者によりますと、秋元被告は起訴内容を全面的に否認していて、14日の会見でもこうした主張を述べるとみられます。