専門家会議 新型コロナの状況 「国内発生の早期」[2020/02/17 01:19]

 加藤厚生労働大臣らが16日の夜に会見し、官邸で開かれた専門家の会議で国内の状況については流行の手前の「国内発生の早期」との認識で一致したことを明らかにしました。

 会議では専門家から今後、国内での患者が増加する局面を想定して対策を進めていくべきだとの指摘があったということです。さらに、国民がどういう症状の場合に受診するべきかという目安についても専門家の意見を取りまとめたうえで17日にも公表する考えを示しました。16日には東京のほか、愛知で1人、合わせて6人の感染が確認され、国内の感染者の数はクルーズ船を含めると414人となっています。

こんな記事も読まれています